<< ようこそ学童保育所へ! >>

学童保育とは?

  我が子が健やかに育って欲しい、そして自分も安心して働き続けたいという親の願い

 から生まれたのが“学童保育”です。現在、学童保育という呼び名は、広く一般的に使わ

 れていますが、親達によるつくり運動の中から生まれた言葉です。

  学童保育には、共働き・一人親家庭等の小学生の放課後(学校休業日は1日)の生活

 を継続的に保障し、そのことを通して親の働く権利と家族の生活を守るという役割があ

 ります。

  親が働いて家庭にいない間、子ども達のことを受け止めて一緒に生活する指導員の援

 助と毎日安心して生活できる場所(居場所)が学童保育所なのです。

 2011年5月現在、全国の学童保育所は、2万204ヶ所入所児童は81万9622人です。

  村山市は、楯岡(3)・袖崎・西郷・戸沢地区に6つの学童保育所が設置されていま

 す。

   

  学童保育所は、「何かを身に付けさせる、課題を与え取り組ませる」ことを目的にし

 ているところではありません。遊びを中心に生活し、その中で基本的な生活習慣を身に

 付けながら、様々な活動に取り組んでいます。ですから、学童保育所は一時預かり的な

 ところではなく、怪我さえしなければそれで良いというところでもありません。

  学童保育所は、子ども達が“安全で安心してゆったり過ごせるところ”“楽しみに帰って

 来るところ”“本当の自分が出せる、自分のままで居られるところ”そんな、子ども達の生

 活の場であり、心地よい居場所です。